HOME >> 衣裳一覧 >> 制作技法・素材一覧 >> 制作技法・素材 「手描き金彩友禅」

制作技法・素材 「手描き金彩友禅」

制作技法・素材 「手描き金彩友禅」
手描き友禅はその名の通り、柄の下書きから色付けまで全てを職人の手による染めの技法。
金彩(きんさい)は金加工とも言われ、染め上がった生地に金箔や金粉等を接着する加工です。
友禅染めをより華やかに表現するために行いますが、必要以上に手を加えると品格が損なわれるため
友禅の色と金彩加工により、織物や刺繍では表現できない色鮮やかで華美な着物に仕上がっています。

色箔 観世流水に鶴

s1795
色箔 観世流水に鶴

金彩 松に鶴

s1799
金彩 松に鶴

丸章黒華文

s1209
丸章黒華文

丸章金小花鶴

s1790
丸章金小花鶴


丸章飛鶴御所車

s1791
丸章飛鶴御所車

丸章鼠色 色紙小花

s1794
丸章鼠色 色紙小花

金地黒地エジプト文様

s1798
金地黒地エジプト文様

金彩 観世松に色紙散し

s1800
金彩 観世松に色紙散し


このページの先頭に戻る