華結びブログ

2018.07.23 | 婚礼衣裳について

友禅染めの色打掛

友禅染めの色打掛

色打掛は織物が一般的ですが、他にも縮緬地のものや刺繍などいくつか種類があります。

本日は発色が特徴的な友禅染めの色打掛をご紹介致します。

こちらが友禅染めの色打掛

色打掛 友禅糸巻き楽器文

織物と違う友禅染め・・・と言っても画像で見ると分かりづらいので生地をアップにしてみると・・・

色打掛 友禅糸巻き楽器文

平らになっている部分が染め、糸が見える部分(鶴の羽と糸巻き)は染めた後に刺繍を施してあります。

友禅の色打掛の特徴は何と言っても発色の良さ。

糸とは違うはっきりとした色が出るので華やかさがアップするのと、織物では表現しきれない細かい文様が描けるのも魅力です。

色打掛 友禅マゼンダグリーン暈し熨斗に鶴

こちらは紗綾形に織られた生地に染め付けをし、更に金駒刺繍がしてあるという手間のかかった色打掛。

色打掛 友禅マゼンダグリーン暈し熨斗に鶴

染め独特の細かい柄と織物の立体感、刺繍の豪華さをミックスした大変豪華な色打掛です。

華結びでは他にもパステルカラー調の友禅染めの色打掛などもありますので、ご興味のある方はぜひ一度ご試着にお越しくださいね。

ご来店予約フォームはこちらから