江戸後期から昭和初期にはよく着られていた婚礼衣装。
一般的な振袖とは異なり、裾を引いた「引き着」のため、料亭などで披露宴をされる方に人気。
打掛とは違い小物や帯が目立つため、帯の結び方や色使いなどでイメージが変わりコーディネートが楽しい着物です。
【料金表】※衣装商品番号のアルファベット別(税別)
S:150,000円 / T:200,000円 / U:250,000円 / V:300,000円
早期ご予約割引、衣装持ち込み料一部負担など、ご利用状況に応じてお値引き出来る場合がございます。ぜひ一度お問い合わせください。