江戸後期から昭和初期にはよく着られていた婚礼衣装。
一般的な振袖とは異なり、裾を引いた「引き着」のため、料亭などで披露宴をされる方に人気。
打掛とは違い小物や帯が目立つため、帯の結び方や色使いなどでイメージが変わりコーディネートが楽しい着物です。