色鮮やかで華やかな色打掛は、洋装では表現できない重厚感と品格があります。
その豪華さから披露宴で着用される事が多い衣装で、刺繍や金彩加工など多彩な技法を取り入れた色打掛は芸術品と言えます。
掛下は白が基本ですが、色ものを合わせて自分流のスタイルに出来るのも魅力的。